<< 写真とは純文学だったのだ論 | main | 映像=非日常/写真=日常 >>

LAYERSCAPE:なぜ重ねるのか?



保坂です。
先日、出身のワークショップ2Bのグループ展があった。
その中で、お一人、すごーい気になる方がいた。
ササキヒロシさんの「LYERSCOPE」なのだけど、がちがちのいじってる系、そこに自分との共通点を見た。
Twitterでお話ししながら、写真を重ねる、意味みたいなものが自分の中でまとまってきたので、ちょっと転載。

先日の足し算の話しの続き。
何もないところに何かあるのではないか?と疑うことを剣歯虎的に発達させたのが文明、と思ってます。
何もないところを疑うとは、文字通りパラノイア。
実は人類の本質はパラノイアで、だからこその大脳の発達があり、文明が生まれ、月に人を送ったのです。
ではそのパラノイア=狂気をどうコントロールし、生きて=表現していくか、それが近代だったのではないのかなぁ。
科学革命に始まる近代の本質とは、人類の形質的な狂気を認め解放し、利用しコントロールすることと考えます。というか、そういう政治的な立場をとります。
パラノイアな人類を見るから、僕は写真を重ねる。
意味を重ねる。常に重なっているものとして物事を見る。
狂気とわかっていて、イベントホライズンの先を見る。
多分、自分がそこにいる。

#写真には三つの歴史があると思って欲しい。
絵画に憧れた芸術史、西洋哲学の根幹にふれる視線の歴史、そして写真をどう見て語るかの文学史。
やっと僕は文学史に気が付いたところ。

P.s.  LAYERSCOPE と直しました。反対に題名はスケイプのままにしました。<ササキさん


コメント
ご紹介ありがとうございます。
ひとつ訂正を。僕の作品タイトルは"LAYERSCOPE"(階層=LAYERとスコープ=SCOPEを組み合わせた「階層スコープ」と言う意味の造語)です。
  • sasaki
  • 2010/04/08 7:45 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
Profile
HOSAKANORIHISA
Calendor
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Serch
Selected entries
Archives
Recent Comments
links
Miscellaneous
QR Code for Mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

HOSAKANORIHISA burning chrome works works profile contact